プロフィール

風のかなで について

三重県立四日市西高等学校の合唱部顧問だった

岩花婦美代先生の呼びかけによりOB・OGの会が発足し、

2012年2月に記念演奏会が行われました。

これを機に有志が集まり、

同年3月に「風のかなで」が結成されました。

 

団名は、心地よい風の爽やかさと、

その風に歌声をのせ、ハーモニーを奏でる様子から。

 

現在は一般の方も参加しています。


風のかなで の特徴

合唱の経験は学校以来という方でも、

少人数の団である強みを生かして、

適宜個人の発声をみていくので、

安心して継続した参加が可能です。

 

当団には、大きく4つの特徴があります。

1 発声の基礎を大切にします。

 個性を生かしながら、合唱に必要な発声等を学べます。

2 楽譜に丁寧に取り組みます。

 楽譜に書かれていることを指導者が分かりやすく伝えます。

3 毎月3回程度の練習を土日のどちらかに行います。

 練習は午前が中心なので、時間を有効に使えます。

4 施設への訪問演奏と自主演奏会に取り組みます。

 これまでに、

 デイサービス菜の花、日永英水苑(四日市)

 ケアハウス白百合ハイツ(菰野)

 藤原高齢者支援センターいこい(いなべ)

  

 などの施設で訪問演奏を行ってきました。

 また、不定期に自主演奏会も企画します。

 

 詳細な内容は演奏記録をご覧ください。


団員

現在団員は約10名です。
20代から30代の若いメンバーを中心に
幅広い年齢の方が所属しています。

指揮・ヴォイスコーチ


練習日・場所

毎月3回程度。

土曜日、日曜日を中心に、
四日市市民文化会館や、なやプラザで練習しています。
午前(9:00〜12:00)が基本ですが、
午後(13:00〜16:30)や
夜間(17:30〜22:00)の場合もあります。
詳しくは練習日程をご覧ください。